• トップ /
  • 歯科で作るマウスピース

歯科のマウスピースとは

歯科で作るマウスピース

歯科のマウスピースの特徴とは

疲労やストレスをはじめとする原因で生じる歯ぎしりは、知覚過敏や歯周病など様々な歯科疾患を引き起こす可能性があります。歯ぎしりの予防に効果的なのがマウスピースで、市販の製品も販売されていますが、歯科できちんと歯型に合ったマウスピースを作るのをおすすめします。サイズが合っていない市販品を使い続けると、かえって歯ぎしりが悪化する可能性もあるので、歯ぎしりに悩んでいる時は専門医の診察を受けて正しい治療を行いましょう。歯科で作るマウスピースの費用は一般的に5,000円から7,000円程度です。歯の型を取り、患者の歯ぎしりのタイプや口腔内の状態を診断して最適な形のものを作ります。歯に被せる薄いカバーのような形で、口の中にあっても眠る時に邪魔になりません。費用は健康保険などが適用されますが、2回目に作る時は6ヶ月程度の期間を空けないと保険が適用されないので注意してください。また、歯科でマウスピースを作った場合、補強やメンテナンスにかかる費用は無料としている歯科医院がほとんどです。歯ぎしりのせいでマウスピースが破損した場合の補強や、使い心地に違和感が生じた時のメンテナンスなど、細やかなアフターケアが受けられます。

↑PAGE TOP